So-net無料ブログ作成

VAIONOTE V505をKonaLinuxで復活させてみた [PC]

久しぶりにVAIONOTE V505を復活させてみた、という記事で久しぶりに復活(更新)の当ブログでございます。

ちょっと見返してみたら半年ほど書いてないんですね(^^;
月日の経つのは早いものです。
そんなに長い間書いてない気はしなかったのですが…
歳のせいか最近飛ぶように時間が過ぎて行きます;;

気を取り直して、本題です。
2014年の末にLinux研究用として購入したVAIONOTE V505ですが、記事としてはWattOS R8を入れたのが最後になってました。
実際はその後Puppy571jpとAV Linuxのデュアルブート仕様となり、その状態で放置となっていました。
というのも、仕事用にVista世代、プライベート用にWindows7世代のノートPCをそれぞれ購入したのでV505は必要なくなってしまったのです。
ただ、年末にメインPCを買い足した事に伴いPC周りの大移動があり奥の方からV505が出てきたのでまだ使えるのか確かめる為電源に繋いだ時、差込プラグが光るのを見て『これは復活させねばならない』と。
得てしてこういう細かいところにやられがちな管理人です。

サポートが長い方がいい、非PAE対応でなければならない、軽くないと動かない、というような条件で幾つか試してみた結果、表題のKonaLinuxに辿り着きました。
以前Pen3-700MHzのMebiusに2.3 Blackを入れた事がありますが、今回インストールしたのはKonaLinux 3.0 Blackです。
これまでV505に入れたどのディストリよりも動作が良さそう。
Firefoxが少し重いのでPaleMoonを
入れました。
あと、LibreOfficeとVLCメディアプレイヤーをインストール。
YouTube等の動画閲覧こそ少しもたつきますが、Officeでの作業やDVD再生は今までになくスムーズ。
VAIONOTE V505に関しては幾つものディストリを取っ替え引っ替えしてきましたが、やっと腰を落ち着けられるディストリを見つけた感じです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。