So-net無料ブログ作成
検索選択

旧型ノートPC+Linuxを継続使用中 [PC]

旧型ノートPC3台にLinuxを導入し使い始めてから数ヶ月。
Pen3-700MHzのMebius MJ710Lだけは少し無理があって動作が辛かったので休眠させましたが、残りの2台Satellite T11とVAIONOTE V505は現役で頑張ってくれてます。

T11はVine Linuxとの相性が良かったらしくこれまでトラブルらしいトラブルもなく順調に使えています。
対してV505はなかなか安定してくれず、ディストリを取っ替え引っ替え。
Zorin OS→Vine Linux→KNOPPIXときて今はWattOS R8が入ってます。
とりあえず、今のところはWattOS R8で安定動作中。
と言うか、今までの不安定さが嘘のように軽快に動きます。
とは言え、所詮はPen4-1.8GHzですからもっさり感はありますが(^^;;
まぁ、それでもネットブックとして使うには上々です。
DVD鑑賞も出来ますし。

うちのV505はPen4-1.8GHzをつんでいるので、発熱量が大きくて排気が熱い、CPUを冷やそうとファンが回りっぱなしで騒々しい、それでも排熱が追いつかず動作が不安定になる、というのが悩みの種でした。
ところがWattOS R8を入れるとCPUがあまり熱くならないのかファン音は静かなのに排気はこれまでのディストリで使っていた時ほど熱くありません。
あくまでこれまでと比較しての話、ですが。
でも、やっとV505と相性の良いディストリを見つけたのかも?
しばらく使ってみて様子を見たいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。